住友生命 Vitality

Ambassador’s Vitality Life
Ambassadors's Vitality Life
住友生命「Vitality」の発売、そして浅田真央さん・舞さん姉妹がアンバサダーに就任して早1年。
加入者アンケートでは、93%の方が以前より「健康」を意識されているという結果も出ています。
お二人の住友生命「Vitality」加入後の変化をお伺いしました!
※住友生命によるアンケート調査結果 回答数15,702(住友生命職員を除く)
歩数は、一度気にしはじめると面白い!

:Vitalityに加入してからは、歩数を気にするようになりました。お昼ぐらいからショッピングにいくと数時間で6000歩いっていて、1日の目標12000歩を達成したり。おウチから出ない日は100歩いってないとか、普通にあるんです。今まで歩数を気にすることがなかったんですけど、ちょっと気にしてみると面白いですよね!

真央:スケーターって、歩かないんですよね。本当に滑っている方が楽なんです。加入してからはApple Watchをつけて歩くようになりましたし、練習中もつけて滑っています。いま全国でアイスショーを1日2公演やっているので、Apple Watchをつけられれば、ゴールドステータスになれるのに!と思いながら滑っています(笑)。心拍数もすごい上がるので。

健康診断を受けたのも、Vitalityがきっかけ。

:Vitalityに加入するまで、健康診断を今まで一度も受けたことがなかったんです。会社に勤めたことがないので、自ら受けないと機会がないですから。

真央:私もVitalityに加入して受けるようになりました。また、運動するとポイントが貯まり、特典が受けられるので、それがすごく楽しいです。ドリンクが無料でもらえたり、スポーツウェアが割引で買えたり。ポイントが貯まるとルーレットを回して、ゲーム感覚でいろんなものをゲットしています。

:今週もコーヒー当たったよ、とか。本当にゲーム感覚で楽しめる。

「運動」はしていても、
「健康」は気にしていなかった。

:私たちも子どもの頃から運動習慣は根づいていましたが、運動だけでなく健康を考えるようになったことはすごく大きかったですね。

真央:自分の健康を考えることはなかった。もちろん運動も大切なんですけど、自分のカラダを知ったり、考えることも健康につながる一つの方法なのかなと思いました。

イベントテーマは「前進」。
2人が来年までに前進したいこと。

:私はシルバーステータスを目指します!

真央:私はゴールドステータスを目指します!今ブロンズなのですがシルバーとびこえてゴールドを。やっぱり元アスリートなので、ゴールドを目指したいです!