スペシャル

VITALITY HEALTHCARE INFO #9

運動効果を最大限に発揮するために
心拍数を意識しよう!

コロナによって運動のスタイルに変化が

 仲間とウォーキングしたり、スポーツジムに行ったり…当たり前だった習慣が、新型コロナウイルスによって変化を余儀なくされました。
 Vitality会員にコロナ流行後に行った運動を伺ったところ、「屋外で1人で運動行った」「屋内で運動動画等を視聴しながら1人で運動を行った」人が上位に。Vitality会員のみなさんが、工夫をしながら運動をしていることがわかりました。場所の制限があるwithコロナの運動では、心拍数を意識すると運動効率が上がるので、ぜひトライしてみてください。

心拍数を目安に一定の負荷を意識しよう!

 ウォーキングやジョギングなどの運動中、速さ=ペースを意識して一定の負荷を保つと運動効果が最大限に発揮され、脂肪燃焼などが促進されます。負荷を一定に保つには、心拍数を意識することが重要です。運動中の平均心拍数が「(220-年齢)× 60~70%」になるようにペース調整しましょう。心拍数は、時計のように身に付ける「ウェアラブルデバイス」で計測できます。Vitality会員の方は、ウェアラブルデバイスをお得に購入できる特典(リワード)がありますので、Vitalityアプリなどでご確認ください。
 心拍数を意識した日々の運動に加え、月1回開催される「Vitality Run&Walk Challenge」も活用して、withコロナの生活を健康的&アクティブに過ごしましょう!

 

「Vitality Run & Walk Challenge」
イベント詳細やエントリーはこちら→https://vrwc.runtrip.jp/

 

※Vitality健康プログラムの詳細についてはこちらをご覧ください。
※Vitality健康プログラムご加入時の留意点についてはこちらをご覧ください。

公開日:2020年10月15日