住友生命 Vitality

Ambassador’s Vitality Life
Ambassadors's Vitality Life
Vitalityアンバサダーに就任し、どのように感じていますか?

真央:日本初のVitalityアンバサダーということで、とても光栄に思っています。日本のみなさんに、住友生命「Vitality」を通じて、健康的な生活を送る素晴らしさをお伝えできるよう頑張ります!そして、私自身もこの保険に加入し、みなさんと一緒に健康増進活動に取り組み、もっと健康になりたいと思います。運動をすることでどんな特典があるのか、今から楽しみです!

:世界中で素晴らしい方々が務められているVitalityのアンバサダーに自分が就任し、とても光栄な気持ちです。初めてVitalityについて説明を受けたとき、とても驚き、多くの方に知ってもらいたい!と思いました。今後自分がどのように変化していくか、とても楽しみです!

加入された方々が、より健康的な生活を送るためのヒントはありますか?

真央:運動することで、身体が健康になるのはもちろん、考え方も前向きになります。一日の始まりに運動をすると、エネルギーが湧いてきますし、一日の終わりに運動すれば、身体や頭の疲れがすっきり取れます。疲れているときほど、軽い運動を取り入れることが健康になるヒントだと思います。

:心と身体の健康は比例していて、どちらかが欠けてしまうと健康的とは言えません。日々の適度な運動はもちろん、リフレッシュの時間を取ること、しっかりと食事と睡眠をとることも必要だと思います。心から健康になることで、運動も続けていけると思います!

スケート以外でされているスポーツはありますか?

真央:ボクササイズや、ウエイトトレーニングです。

:アイスショーを行っているので、ショーの練習がメインです。練習がない日は、ジムで軽く体を動かしたり、最近はダンスをしています!

健康のために、食事面で心がけていることはありますか?

真央:運動前は炭水化物、運動後は植物性もしくは動物性のタンパク質を摂るようにしています。

:食事を減らしたり、我慢することはしません。ただ、毎日の食事で身体が喜ぶものを取り入れるようにしています。例えば、おやつをドライフルーツやサツマイモにしたり、ヴィーガンやマクロビ料理を食べたり。外食ばかりだと、塩分を摂り過ぎたり、胃が疲れてしまうので、なるべく自炊するようにしています。

フィギュアスケートで輝かしい成果を収められた真央さんですが、コンディションを維持するために今もスケートをされていますか?

真央:現在、『浅田真央サンクスツアー』を開催してますので、毎日滑っています。
選手を引退してからは、ボクササイズやアイスホッケーを始めました。やはり幼い頃からずっと運動をしてきたので、運動することで身体が整います。

トップアスリートとしての経験が、健康管理にも活かされていますか?

真央:選手時代も今も、良いパフォーマンスをするために、特に体調管理には気をつけています。ベストな状態でいたいからです。規則正しい生活や食事、運動、睡眠、バランスの取れた生活をする事で、ベストな状態で臨むことができます。選手を引退してからは、色々なことに挑戦し、世界が広がり、日々学ぶことも多いです。これからも、スケートと共に成長していきたいと思っています。

舞さんは、現在、スポーツキャスターやタレントなど幅広く活躍されていますが、美しく健康でいるための秘訣はありますか?

:実は昔、今よりも15キロ太っていました。
色々なお仕事を経験し、人前に出る機会も増えて、健康面以外にも気をつけることが多くなりました。仕事を通じて多方面の方にお会いできるので、そういった場で健康や美しくなるためのヒントを聞けるのも秘訣かと思います。