ユーザーボイス

ユーザーボイス #8

牧野 耕さん
現在38歳の牧野さんは、体年齢を測定したところ、40歳という結果が出てショックを受けたそう。それ以来、食生活の栄養バランスなどにも気を配るようになりました。持ち前の高い健康意識の下、健康的な食生活と適度な運動を実践し、実年齢マイナス5歳の体年齢を目指しているそうです。

大好きな運動のモチベーションが今まで以上に上がりました!

“住友生命「Vitality」”をきっかけに運動が習慣になった―。そんな声がたくさん寄せられる中で、牧野さんは加入前から運動習慣があったそうです。

「定期的な運動に加えて、学生時代から続けているテニスを月1回やっていました。昔から健康に関心があったので、カラダを動かすことは意識して習慣にしていました。ただ、子どもが生まれてからペースは落ちていましたね」

そんなときに出会ったのが、“住友生命「Vitality」”。加入してすぐにそのメリットを実感したと言います。

「それまで当たり前にやっていた運動をするだけで特典(リワード)が受けられるので、単純に得をした気分でした(笑)。運動した成果がVitalityポイントとして可視化されるので、モチベーションは以前より上がりましたね」

さらに、“住友生命「Vitality」”によって変化した行動もあると続けます。

「アクティブチャレンジでは1週間の運動ポイント目標が設定されるので、それを達成しようという意識が生まれました。通勤時に1つ先の駅まで歩くことを毎日続けて、アクティブチャレンジは毎週達成しています」

そうした運動習慣の積み重ねで、2年目からゴールドステータスに。その過程には、特典で購入したGARMINのウェアラブルウォッチの存在が大きいと振り返ります。

「1年目はスマートフォンで歩数を計測していたのですが、常に持ち歩いているわけではないので計測漏れをしていました。ウェアラブルウォッチは常に身に着けるので、例えばプリンタに紙を取りに行くなど、ちょっとした歩数も漏れがありません。普段づかいできるものを探していたので、時計針のあるクラシカルなデザインも気に入っています」

オンラインレッスンでトレーニングの効率がUP!

コロナ禍で在宅勤務が増えて運動不足を実感してからは、ルネサンスのオンラインレッスンを始め、今もゴールドステータスをキープしています。

「オンラインレッスンは週1~2コマ受けています。以前から簡単な筋トレやストレッチはしていましたが、インストラクターに正しい方法を教わって効率が上がりました。ジムまで行かなくていいのでウェアを気にする必要もありませんし、すぐにシャワーを浴びられるので本当にラクですね」

大好きな運動と“住友生命「Vitaity」”のメリットが相乗効果を生み、健康的な毎日を送っている牧野さん。次なる目標を伺うと…。

「特典やイベントがどんどん増えているので、自分にフィットするものを探して利用したいと思います。それから、ゴールドステータスを活かして、Hotels.comで旅行に行きたいですね。息抜きも大切なので(笑)」

 

※Vitality健康プログラムの詳細についてはこちらをご覧ください。
※Vitality健康プログラムご加入時の留意点についてはこちらをご覧ください。

最終更新日:2021年4月13日