ユーザーボイス

ユーザーボイス #11

萩原 直人さん 江美さん
2021年に加入し、お二人ともゴールドステータスを達成。高校生の息子さんから「今日は歩きに行かないの?」と言われるほど、ウォーキングが生活の一部になっています。アクティブチャレンジ Apple Watchや毎週のアクティブチャレンジのほか、各月4回まで無料で受けられるルネサンスのオンラインレッスンを利用しています。

加入してみたら「してやられた!」と思いました(笑)

結婚20周年を迎えた萩原さんご夫妻。Vitality会員になって1年が経ち、ご夫婦の暮らしは大きく変わったと言います。

江美さん「私が夫を誘う形で加入したのですが、当初は疑心暗鬼な部分もあったんです。『ご褒美があるから頑張れるなんてホントかな?』って(笑)」

直人さん「私は50歳を目前にして体重が増えていたので、運動を始めるいいきっかけになるなと思いました。加入以来、アクティブチャレンジは毎週達成しているもんね」

江美さん「『ルーレットのために毎週達成しなきゃ!』って思っちゃうんだよね。後から”住友生命「Vitality」”が行動経済学に基づいていることを教わって、『してやられた!』って思いました(笑)」

直人さん「毎週目標があるから、達成に向けて自然と続けることができているよね」

江美さん「アクティブチャレンジでもらったチケットを寄付することもあります。自分が運動することで世の中の役に立っているって、なんだか不思議な気持ちですね」

加入前は運動習慣がなかった萩原さんご夫妻ですが、加入後はウォーキングが日課になったそうです。

 

夫婦で一緒に取り組んだからウォーキングが習慣になった

江美さん「夫と私は同じ職場で働いているのですが、会社までは歩いて10分程度。でも、車通勤を10年以上も続けていたんです」

直人さん「それが、今では2人とも歩いて通勤するようになったもんね」

江美さん「私が使っていた車は売却して、買い物も歩いて持てる分量に減らしたので、経済的なメリットもあります。それから、今まで知らなかった道を歩くことで、新しい景色と出会うことができました。最近は、川沿いにいるカモに挨拶することが毎日の楽しみになっています(笑)」

 

“住友生命「Vitality」”を通じて、日常の中の小さな幸せを見つけた萩原さんご夫妻。通勤は別々のこともありますが、夜のウォーキングは夫婦そろって楽しんでいます。

江美さん「天気が悪かったり、観たいテレビがあったりすると、『今日はやめておこう』ってやる気がなくなってしまうんです・・・。でも、夫が『行こうよ』と声をかけてくれるので、引っ張ってくれる人がいて良かったなって心から思います(笑)」

直人さん「3~4kmのコースを3つ用意して、歩数の達成状況に応じて『今日は長いコースにしようか』と相談しながら、週3日ほど歩いています。そう言えば、自然と夫婦の会話も増えたよね?」

江美さん「家にいると面と向かって話すことは少ないのですが、歩くことで子どもや仕事の話をよくするようになりました」

加入して1年後に受けた健康診断では、目に見えた効果も表れたそう。

直人さん「体重が2~3㎏落ちて標準に戻りました。お互いにコレステロールなどの数値も改善したよね」

江美さん「ウォーキングを続けたり、エレベーターを使わないようにしたり、小さな積み重ねの効果が表れたんだと思います。今後の目標は、今の運動習慣を継続すること。夫婦そろって、ずっと健康でいたいですね。」

寄付総額6600万円超!アクティブチャレンジで社会貢献

寄付についての詳細は、こちらをご覧ください。

場合VitalityVitality寄付控除証明ん。

 

 

※Vitality健康プログラムの詳細についてはこちらをご覧ください。
※Vitality健康プログラムご加入時の留意点についてはこちらをご覧ください。

最終更新日:2022年6月30日